ソウルへ引っ越した友達の体験談

主人の転勤で、東京から韓国ソウルへ引越しをしたことがあります。
それまでに、国内の引越しは何度もしたことがあったのですが、さすがに海外の引越しは初めてで、色々と戸惑った思い出があります。
海外に持っていく物は、必要最低限に抑えて、なるべく荷物を少なくするように努力しました。

とはいっても、生活ですから意外と荷物がありました。
海外では揃えられない日本の物を中心に、荷物を整えていきました。
基本的に割れ物や壊れ物はNGなのですが、それでもどうしても持って行きたい物があったので、それは頑丈に梱包して、あれこれと揃えました。

現地では、家具付の家で暮らす予定だったので、家具関係の荷物はありませんでした。
変わりに、日本食をしこたま買い込んで送りました。

割れ物関係はほとんどありませんでしたが、それでもめんつゆやお醤油などの物品は、何十にも梱包して引越し荷物に入れました。
海外転勤者のための、日系の引っ越し業者が結構あって、それを利用して引越しできたので、安心して荷物を送ることが出来ました。
現地の業者に頼むと、荷物が行方不明になったり破損して運ばれて着たりと、色々とトラブルが相次ぐようです。

やはりここでも、日本ブランドの信用性の高さが浮き彫りになった感じでした。
無事に全ての荷物を韓国で受け取ることが出来、ゆっくり荷解きをしました。
破損しているものはひとつもなく、さすが日本の引越し業者だなと思いました。
日本の引越し業者のサービスとクオリティは、世界に誇れるとその時思いました。

私の好きな財布について

お財布は長財布のレザーということにこだわっています。
また、ふくらみが出てしまうのが嫌なので、ぐるっとジッパーで止めるようになっているタイプは避け、おりたたみ、もしくはおりたたみでワンスナップ程度のものを選ぶようにしています。

厚みが出ないようにするためには、小銭やカードを別に分けるのが1番確実といえるとは思います。
私自身も、ルイヴィトンのエピのシリーズで、3つに中身を分けていたことがあるのですが、やはり面倒で続きませんでした。
そのかわりに、保険証は持ち歩いても診察券は持ち歩かないなど、中身の選抜は厳しく行っています。

好きな財布のブランドは、前出のヴィトンのエピです。
革の押さえの強さは、保管のブランドにはちょっと真似ができないと思います。

安い革の長財布だと、角の部分がゆるくなってくるということがありますが、エピはまったくそういうことがありません。色によっては、コインやお札の印刷の汚れで黒ずみが気になる財布も多いですが、エピにあるカラーバリエーションは、革の質のせいかヴィトンの色のセレクトのせいかわかりませんが、一切そういった黒ずみを感じたことはないです。

革の質と使いやすさでいえばプラダもいいと思います。ただ最近は、ジッパータイプの人気が高いのか、ボリュームの出やすいデザインが多いのが残念だなと思います。最近はエピのポルトフォイユフロールを購入しました。
トリコロールになっていて、お財布だけもってもきまるデザインで気に入っています。

わけありのかにを買うなら 〜かにの激安通販ガイド〜